健康お役立ち情報

 

 

夏場に多く発症しやすい脳梗塞はこうして防ぐ

 

夏の脳梗塞発症を防ぐには、脱水症の予防が肝心です。

 

水分は食事で1ℓ、食事以外で意識してとる水分で1ℓを目安にしましょう。

 

一度に大量に飲んでも吸収されにくいので、少量ずつ回数を多くとるのが

 

コツです。

 

また汗をかくと、水分と同時にカリウムやナトリウムなどのミネラルも

 

失われるので、ミネラルの多い食事を心がけることも大切です。

 

長期間大量に汗をかいた時以外、塩分(ナトリウム)は通常の食事で

 

十分と考えられています。

 

カリウムを多く含む野菜や果物、きのこ類を取り入れて栄養の偏りなく

 

バランスよく食べましょう。